So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

久しぶりに [射撃]

射撃場へ、撃ちに行ってきました。

伊勢原射撃場が閉鎖されてから、狩猟以外ではほとんど撃っていませんでした。

しかし、銃刀法が変更され所持許可証の更新時に射撃講習が義務づけられ、

否が応にも撃たされ合格しなければ所持許可が取り消しの憂き目に!

…困ったものです。

ということで、行ってきましたよ長瀞へ。(埼玉秩父郡)

あの山の向こうが、おそらく長瀞なんでしょうね。

関越道の花園インターを降りて向かう途中です。

nagatoro 01.jpg

もうすぐみたいです。(ようこそ長瀞へ!の看板が)

左手には川が流れています。

nagatoro 02.jpg

やっと、到着。

射撃場の入り口です。

nagatoro 03.jpg

ここまで、自宅から2時間15分。

伊勢原なら半分の時間で行けるのに。(涙)

 

今回は、ライフルの照準合わせが目的です。

nagatoro 09.jpg

予約したのは、100~300mの射座。

この銃は狩猟でも使用しているので、ほぼ照準は合っているはずです。

とりあえず、100mでサイトの調整を行いました。

噂によると…講習では100mで撃たされると聞いてたんですが。

実際には50mのようですね。

この射撃場では、国内でも有数の長距離射撃が行えます。

突き当たりは300m先。

nagatoro 08.jpg

途中の100m地点に、標的を掲げられる監的壕があります。

そこへは専用の通路が通っていて、射撃中でも自由に行き来出来るようになっています。

他の射撃場では、皆で射撃を中断して標的交換に行く所が多いです。

 

写真の階段は、50m射座の移動標的の装置を乗り越えるためのもの。

この先に100mと300mの監的壕へ降りる階段があります。

nagatoro 04.jpg

300m先まで続いている通路。

途中に100m地点の監的壕へ降りる階段が。

手前には自転車が数台用意されていて、300m地点へはそれに跨り交換に行きます。

nagatoro 05.jpg

100m地点の監的壕内部。

nagatoro 06.jpg

ベニヤの板に標的を貼り付け、上方へスライドさせます。

頭の上では、大口径ライフルの銃弾が飛び交っているんですよ。(笑)

音速を超えるライフルの弾が空気を引き裂くピシッ!という音が聞こえます。

 

銃は2丁持って行きました。

レミントンBDL:口径30-06 と サコー75:口径7mm-RemMagです。

猟ではレミントンを使ってきたのですが、サコーの方は今回が初撃ちでした。

よって、100mの距離で撃って当たるわけありません。

色々と狙点を変えて撃ってはみたものの、標的紙の中に弾痕は見当たらず。

う~ん…50mで撃つべきでしたね。

しかも悪いことに、ライフルを載せるレストを持ってくるのを忘れてきたので、

どちらの銃も安定せず狙いが定まりません。

結果は、このような有様。(レミントンBDL:30-06)

nagatoro 07.jpg

何とか黒点内には収まっているものの、弾がばらけています。

次回は、50mでサコーの照準を合わせに来たいと思います。

   nagatoro 10.jpg

 

…ライフル・レストを忘れないようにしないと。

 


コメント(0) 
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。